トレーラーハウス基本情報|名古屋のトレーラーハウスの販売

トレーラーハウス基本情報

トレーラーハウスについて詳しく知りたい方へ

トレーラーハウスについて気にはなっているけど、実際にどんなものかわからない、という方へ。その仕組みからメンテナンス・リフォームのことまで、トレーラーハウスの基礎知識をたっぷりとご紹介します。

  • トレーラーハウスとは?
  • トレーラーハウスの設置・移動
  • 各種ライフラインについて
  • トレーラーハウスにかかる税金
  • 日本の気候風土・天災への対応について
  • メンテナンス・リフォームについて

トレーラーハウスとは?

建物の税金も車の税金もかかりません

建物の税金も車の税金もかかりません

トレーラーハウスはシャーシというフレームに乗った構造物で、日本では「大型のキャンピング・トレーラー」、つまり「車両」として取り扱われています。そのため固定資産税がかかりません。

Page Top

トレーラーハウスの設置・移動

さまざまなところに移動・設置できる、新しいスタイル

  • 設置場周辺の道路が狭い
  • 設置場周辺の道路が急カーブになっている
  • 地盤が不安定
  • 急な傾斜になっている

さすがにこのような場所への設置は難しいですが、それ以外であれば基本的にどんなところでも設置可能。「車両扱い」となるため市街化調整区域にも設置可能で、建ペイ率や容積率などの規制の心配もありません。また、建物を固定する基礎工事を必要としないため、移動の際の取り壊しが不要です。

Page Top

各種ライフラインについて

水道・電気・ガス、トイレやお風呂の心配も要りません

水道・電気・ガス、トイレやお風呂の心配も要りません

水道や電気、ガスといったライフラインについては、一般的な建築物と同じ方法で供給され、汚水の処理についても一般的な建築物と同様に給排水工事が行えるので問題ありません。トイレやお風呂などの設備について心配される方も多いですが、一般家庭と同様のものを導入できますのでご安心ください。

Page Top

トレーラーハウスにかかる税金

税金フリーでイニシャル&ランニングコストが安い

イニシャル&ランニングコストが安い

トレーラーハウスは、しっかりとした構造物でありながら、タイヤのついた移動可能な、「車輌を利用した工作物」です。動産であるため固定資産税はかからず、ランニングコストを抑えることが可能です。
(サイズによっては自動車税がかかる場合がございます)

車両扱い」だから

不動産取得税 不要
固定資産税 不要

また、法人で購入される場合、減価償却期間は最短4年。税務対策上、非常に有利になります。

※各種制度・対応については各自治体によって異なる場合がありますので事前の確認が必要です。

Page Top

日本の気候風土・天災への対応について

夏は涼しく冬は暖かい暮らしが実現します

トレーラーハウスはもともと北欧・北米で発達し、断熱性を重視してつくられているのが特徴。日本の寒冷地にも十分適応できます。また気密性も高くつくられているので、夏は涼しく冬は暖かい空間が実現。1年を通して快適な暮らしを送ることができます。

地震や台風がきても大丈夫?

地震や台風がきても大丈夫?

トレーラーハウスはもともと移動の際の振動に耐えられるようにつくられているため、多少の地震や強風などで倒壊することはありません。また、アメリカ製のトレーラーハウスには壁・天井・床を構造耐力に優れたパネルで構成する2×4工法が採用されているため、もしも巨大地震・大型台風などにより強い外力を受けたとしても、6面構造で外力を均一に分散させ、揺れを抑制できます。倒壊する可能性がゼロというわけではありませんが、ある程度の揺れであればジャッキが外れるだけで済み、揺れはタイヤが吸収してくれます。

PICK UP ルクラのオリジナルトレーラーハウスは「在来工法」を採用しています

ルクラでは、アメリカ製のトレーラーハウスに用いられている2×4工法よりもさらに日本の気候風土に合うトレーラーハウスをご提供するため、オリジナルトレーラーハウスに「在来工法」を採用しています。在来工法とは、日本で古くから発達してきた伝統工法の発展形。柱や梁といった軸組で建物をしっかりと支えながらも、設計自由度が比較的高い工法です。

ルクラでは、この在来工法に室内の湿気を通すグラスウール(断熱材)をプラスすることで、通気をよくし、湿気の多い日本の気候のなかでより長持ちするトレーラーハウスをおつくりしています。

なお、使用しているグラスウールの密度は24K/50。一般住宅でも16K/100というのが一般的ですが、それよりも密度が高く、断熱性に優れたグラスウールを使用しています。外気の暑さ・寒さにとても強いのが特徴です。

Page Top

メンテナンス・リフォームについて

メンテナンスが簡単で、リフォームも低コスト

メンテナンスが簡単で、リフォームも低コスト

定期的なメンテナンスはもちろん欠かせませんが、一般的な建物にくらべてメンテナンスは容易。また、ライフスタイルの変化・店舗のリニューアルなどに応じてリフォームも行えます。設計自由度が高い分、簡易的な施工で済むため、費用がリーズナブルなのもうれしいポイントです。

ルクラでは、トレーラーハウスのご購入・レンタル後も充実のアフターフォロー体制を敷き、メンテナンスやリフォームなどもしっかりと対応しています。どのようなことでも遠慮なくご相談ください。

ルクラの充実のフォロー体制 詳しくはこちら

資料請求・ご相談・ご質問など、お気軽にお申し付けください。店舗・土地活用・賃貸・収益物件に トレーラーハウス専門web~名古屋を中心とした三重・岐阜・静岡~ LUKURA株式会社 Tel:0532-64-8671受付時間 9:00~18:00 ウェブからの資料請求お問い合わせはこちら見学できるトレーラーハウスはこちらにあります!〒440-0832 愛知県豊橋市岩田町字上庄89-1電話orメールでご予約ください!トレーラーハウスは随時入れ替え!!※場所・前川外科の目の前にあります。・スズキとダイハツの看板の隣にあります。

Page Top